morita

5月 102013
 

雨は東と北へ広がるが長引かず

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5937.html

最初は週末が雨との予報でしたが、早まりつつある感じです。

前線通過というと身構えがちですが、今回は雷は伴わない模様。

強い寒気、と、大気の状態が不安定、のキーワードがないからだと思われます。

今後、夏に向かうに連れて、日中の気温上昇が激しくなると、夕立系の雷雨も警戒の

必要が。遺憾ながら梅雨に雷はつきものらしいので、気を付けていきましょう。

 Posted by at 4:17 PM
2月 182013
 

虎・和田監督、怒!守乱に投壊11失点

http://www.sanspo.com/baseball/news/20130218/tig13021805030014-n1.html

昨年は、とにかく打てない、点が取れない、という印象だった。

で打線の強化を考えるのはわかる。それが効果を発揮するかどうかもこれからの話だが、

投手陣、守備力がダメでは打線以前の問題として勝てない。

若手もそこを自覚してもらいたい。

 Posted by at 3:56 PM
2月 162013
 

「世界の終わりか」=この世とは思えぬ閃光-吹き飛ぶ窓、住民パニック・ロシア隕石

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013021500726

隕石が思ったよりもしょっちゅう落ちてきているらしいと聞いてはいたものの、

この映像は結構衝撃的。

動画投稿サイトの普及もあってか、短時間でこの映像が見られるのもすごい

と思う。

2月 162013
 

阪神・藤浪、クイックに弱点!?長い腕がアダに

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130215-00000017-dal-base

タイトルの通り(笑)。

走られ放題では困るが、全てのランナーが盗塁してくるわけでもない。

後続のバッターを打ち取ればよい、ぐらいに考えて、良いところをスポイル

しないようにのびのびやってもらいたい。

球威やコントロールに影響を与えないクイックができれば良いが、それは

できない相談。バッター勝負で行こう!

1月 102013
 

ポスト金本・藤川は…阪神、リーダー不在の危うさ

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50015520W2A221C1000000/

目新しい話ではないものの、結構なボリュームの記事。日経新聞というところに意外性を

感じる。野手では当然鳥谷、投手では能見あたりが生え抜きリーダー候補か。

生え抜きの系譜というのはチームには絶対必要。フロントにも監督コーチ陣にもよく認識

しておいてもらいたい。

 Posted by at 12:01 PM
1月 092013
 

熱血?暴力? バスケ部顧問、割れる評価

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130109-00000017-asahi-soci

今の時代、体罰肯定はよろしくないと思います。

ただ、昔(30~40年前)の体育会系の指導は、筆者の知る限り体罰当たり前でした。

でも、そこには、指導者と指導される者の間に、信頼関係とか愛(変な意味ではなく)

がありました。だから、卒業後なんかに会っても楽しく話せたのです。

この指導者は、そのような関係を今の選手達と築けていたのでしょうか。報道からは

あまりそれが感じられないのが残念です。

 

 Posted by at 6:14 PM
11月 132012
 

寒気がジワジワと

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5316.html

相変わらず、晴天が何日か続いて、気圧の谷=寒冷前線通過のパターンでした。

前回は比較的穏やかに大阪を通過してくれましたが、今回はカミナリを伴ってしまい

ました。救いは前線通過の速度が速く、カミナリのピークが短かったことです。

寒気の進入自体は今後も頻発すると思われます。その際にどの程度大気の状態が

不安定になるかでカミナリの有無が決まってきそうです。

11月 082012
 

ダルに続き川崎も…浩二監督「困った」日本人大リーガー全滅も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121108-00000015-dal-base

監督を選ぶときにも感じたが、所属チームでの活動が優先という意識はどうしても

あるようだ。これについては、仕方ない、というより現状では当然であると思う。

日本の連覇により注目度は上がったWBCではあるが、サッカーのワールドカップ

と比べるとまだまだの大会である。それよりも所属チーム及び所属チームファンの

ため、そして己の生活のために所属チームでの活動(休養も含めて)を優先という

のは十分まっとうな話であると思う。

だが、最近子供たちの野球人気低下を実感するようになり、WBCの意義を考え

直すようになった。危機を実感せず、旧態依然たる運営を継続するプロ野球機構

はJリーグにいろいろと学ぶべきだと思うが、それだけではなく、世界につながる

道を子供たちに示してあげる必要があるのではないかと。現在のWBCがそうで

あるとは思っていない。だが、いつかそのような世界大会を実現するために、世界

大会を育てていく、という視点が必要なのではないか。世界的な普及の促進ととも

に、現在のWBCを盛り上げつつ、より理想的な世界大会にするという意気込みが

関係者に求められると思う。

11月 072012
 

今季初の雪マーク、都心も冷え込む

http://tenki.jp/forecaster/diary/detail-5297.html

やっぱり寒冷前線通過時はカミナリでしたね。

晴れが続いて、気圧の谷通過時にちょっと荒れる。

そしてまた晴れが続く。

同じようなことを繰り返しつつ、気温が下がっていっています。

ついこの間まで残暑が・・・と言っていたような気がするのに、

気が付けば冬が近づいてきています。

空気も乾燥して、カゼなど引きやすいようです。

みなさんお気を付けくださいね。