3月 302012
 

ソース:産経ニュース

4月から中学で武道が必修化されることに伴い、県教育委員会は重篤な事故が起きている柔道について、「大外刈り」を禁止し、投げ技を使った試合は行わない、などとする安全指導指針をまとめ、各市町の教委に通知した。県内では平成22年、中学の柔道部で大外刈りを受けた部員が死亡する事故が起きたこともあり、技の種類を制限する全国的にも厳格な内容の安全指針となった。

武道必修化は賛成だけど…
なぜそこまでして柔道を?武道は他にもあるじゃない。
剣道、弓道、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた、etc…
個人的には、剣道が良いと思うのだが…防具とか面倒くさいけど。

県教委では「中学校では柔道の試合を全く行わないこともあり得る。礼に始まり礼に終わる柔道の精神は十分に学ぶことができる」と強調した。

武道の精神は大切だけれども、柔道未経験の教師もいるそうじゃないですか…
柔道未経験の教師に技はおろか武道の精神を生徒に指導する事が可能なのだろうか。

ソース:毎日社説

現場で指導にあたる体育の先生も不安を募らせる。大学時代に武道を履修しなかった先生は少なくない。各地の教育委員会は柔道未経験者を対象に地元の柔道連盟などと連携して講習会を開催している。だが、複数の県で、わずか数日間の講習で初段(黒帯)を認定してきた実態が明らかになっている。

ダメだねこりゃ。

明らかに時期尚早だと思うのですが、もう少し時間をかけて準備して欲しいもんです。
どうして、先延ばしできないのでしょうか?汚い大人の事情があると思わざるをえない。

お子さんが中学生の親御さん達は、さぞ不安なことでしょう。

 Leave a Reply


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>